14 プレマリンクリーム

SRS第一段階14日後 本テクストのカテゴリ「SRS記録」については、「SRS記録について」を御一読ください。 SRSから最低半年間、人工の膣が「傷」として塞がってしまうのを防ぐため、ダイレーションという拡張作業が必要になります。個人差が非常に激しいので何とも言えませんが、人によっては皮膚の戻りが大きく苦労するようです。
 入院中、ひょんなことから「プレマリンクリームを使うとダイレーションが楽になるらしい」という話を聞きました。欧米のMtFの患者さんから、プレマリンクリームを使うことで皮膚が柔らかくなり、ダイレーションがスムーズになった、との報告があったそうです(使用開始はSRS直後ではなく、オープン後約一ヶ月から)。
 プレマリンクリームとは、言わずと知れた天然エストロゲン製剤プレマリンのクリーム版。通常は閉経後の女性が膣の柔軟性を保つ為に用いるものです。MtFの中には胸に塗って乳房の発達を促す使い方もあるようです。
 貧乳のわたしとしてはむしろ後者の使い方に興味が惹かれたこともあって(笑)、一ダースほど購入していくことにしました。
 天然エストロゲンではなく合成エストロゲンで「オエストロジェル」という製品もあり、おそらく同様の使用法が可能なものと思われます。吸収率は合成エストロゲンの方が良好と言われていますが、この辺りの「効き方」は余りにも個人差が大きいため、結局は自分で使ってみないとわかりません。

 念のためですが、プレマリンもオエストロジェルも医薬品です。使用される場合は各自の自己責任で行って下さい。「男性」が使用した場合の効果には不可逆的なものも含まれるため、MtFであっても安易な使用はお勧めしません。また既に注射もしくは経口でエストロゲン製剤を利用されている場合、クリームの使用に合わせてそちらの量を軽減しないと、過剰摂取となる可能性もあります。
 女性ホルモン・男性ホルモン・プレマリン・プロベラ・エストロフェム・ダイアン35オーエムエスで検索したところ、プレマリンクリームもオエストロジェルも扱いがありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする