失敗の失敗としてのトランス

 「『イノセンス』DVD予約受付開始」に頂いたスサさんのコメントに、セクシュアリティ関係のレスを返していたのですが、長くなりそうなので以下にエントリを立てます。
 小難しくなるので、興味のない方は読まないように。

 「本来多様なもの」が二分法によって整理されているのがおかしい、ということではりません。ここで「多様性」と言ってしまうと、結局は「人間」という一般性を暗黙裡に主張してしまうことになるだけだからです。
 「男/女」という二種類の「人間」がいるのではなく、「人間」の失敗形として「男/女」があるのです。つまり、全体のなり損ねのヴァリアントとしての「男/女」です。人間は、全体としての「人間」になり損ねる、つまり去勢によって初めて人間として成立します。しかもこの去勢が完全であることなどあり得ませんから、わたしたちは常に「人間」である以前に男か女なのです。
 なり損ねのヴァリアントが二種類であるのは、「男/女」の原形が「全体/部分」だからです。
 この分脈でトランスを考えると、「失敗に失敗した者」という見方ができます。
 「男」も「女」も、全体のなり損ねという傷口を覆うために形成された症状であり、だからこそヘテロセクシャリズムという「補完幻想」が極めて強力なのです。「男」も「女」も、抹消された主体として語り出す以上、かつて自分であった語り得ぬ肉片を対象=原因とする欲望の回路によって「正常さ」を保っています。
 ところがトランスでは、この失敗にすらうまくのりきれず、全体になるために象徴的去勢ならぬ現実的去勢が現前化してしまいます。これだけだと単に精神病者なのですが、トランスの面白いところは、この現実的去勢という行動そのものが必ずしも葛藤の解決とならず、あたかもこの精神病的現象全体がヒステリーの一症状であるかのごとくふるまうところです。
 トリッキーな言い方をすれば、失敗の失敗にもさらに失敗し、最後には普通の失敗者になるのがトランスなのではないか、ということです。このような割り切れない(2で割り切れない)現象があるのは、そもそもの始まりが「失敗」だからです。それが「失敗」である以上、「もしかして成功できるのではないか」「成功できたのではないか」という剰余が常に産出されるのです。すなわち、二分自体によって二分できないものが産み出される、という逆説的構造です。
 「『/』だけが圧倒的現実である」というのは、「健全な人格」が成り立つ
ためにヘテロセクシャリズムという唯一の装置、もっと卑近にはファンタジー一般によって覆われているのが、「全体になり損ねた時の傷」だからです。そして存在するのはこの傷だけであり、逆転して一般に現実と呼ばれている想像的なものの中には、この傷だけが無いのです。
 ただし、これだけですと「外部は無い」という、教科書的構造主義の見方(そして「ポスト構造主義」なる代物)に堕してしまう可能性があります。傷は「無い」はずの外部として内部をドライブしはしますが、まったく不可視なわけではありません。わたしたちの幻想のスクリーンの中にも、この傷の影が映り込む瞬間というのが確かにあります。
 たとえば、トランスという「奇形」に初めて出会った時。とりわけ当事者が、自身と呼ばれる者に。
 『押井守』ムックのテクストではもう少し親切だと思うので、よろしくお願いします(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする