トラニーチェイサーの謎

(このテクストは当初、「〈女〉を巡って」および「真夜中のトランス」の前座的ポジションとして、トランス問題についてかなり茶化した調子で語るために用意されたものです。相当バイアスのかかった内容で、ほぼMtFのみを話題にしており、また筆者の主眼自体上のテクストにあったのですが、一つのものの見方として試みに公開してみるものです。なお、筆者は現在の性同一性「障害」治療を全面的に是としているわけではありませんが、これを否定したり先人の労苦を軽んじようとする意図はまったくなく、実際個人的には多いにお世話になっていることを明記しておきます)
##
 トランス業界界隈の男性について触れておきましょう。染色体で判別するなら全部「男性」なのですが、トランスでも何でもない「普通の男の人」のことです。
 ニューハーフ系のお店に関しては、遊びに来るのは文字通り「普通の男」です。中には「ニューハーフ好き」という方もいらっしゃいますが、ほとんどは付き合いや興味本位で覗いてみただけの一般の方々です。そもそもニューハーフパブという場所は、男女比で言うと女性のお客さんの方が多いお店もあるくらいなのです。意外に思われるかもしれませんが、ホストクラブと客層が重なる部分があって、要するに広義の「安全な男」で遊ぶところなのです。
 一方、女装スナック系に遊びに来たり実質CD中心のトランス系サイトを訪問したりする男性は、「じょそこ」以上に興味深い人種です。トランスをまったく恋愛対象にせず、面白半分で来られる方もいらっしゃいますが、中心になるのはトランスを性的・恋愛的に求めている人たちです。こういう「トランス好き」の男のことを「トラニーチェイサー」と呼びます。ニューハーフ系でも、パブではなくヘルスなどの風俗産業利用者の場合は、トラニーチェイサーの占める割合が少なくありません。年齢層的には高め方、オジサンが中心です。若い人の中には、ネットやお店などの女装カルチャーからではなく、「GIDの人とお友達になりたいんです」などとTSカルチャーから接触を図るトラニーチェイサーも存在します。
 トラニーチェイサーにもいくつかのタイプがあります。ほとんどの人は「女好き」つまり異性愛者を公言していて、トランスは女性扱いという考え方をしています。「身体も女性に近付けているポストオペニューハーフがいい」という人と「ニューハーフは仕事で女らしさを使ってしまっているから、女装している時間に『女』を賭けている女装者がいい」という人がいます。
 いずれにせよ言えるのは、普通の男性以上に「女の中の女」を求めている、ということです。その追求の仕方として、「身体的完成度」の方に行くか、「気持ち」を重視するか、というヴァリエーションがあるだけです。これほどまでに〈女〉を追求するようになった経緯を見ると、これも大きく二通りあります。
 一つは「女遊びは一通りやって飽きてしまったけれど、男に行くのもどうしたものか」という遍歴の末、トランスにターゲットを絞ってきている人です。「Jターン」と呼んでいます。世の中をよく知っている人生経験豊富な方たちです。もう一つは「女にモテないので女装者に走っている」というタイプです。当然、少し面白味に欠けた方たちです。ただし「モテない」と一口に言っても、本当に相手にされない人もあれば、女性に対する幻想が激しすぎて生身の女に耐えられない場合もあります。「Jターン」と「モテない派」に共通しているのは、女に対する幻想と期待が激しい点です。
 これがさらに極まると、「男も女もダメで、トランスしか受け付けない」という純粋トラニーチェイサーに到達します。当然ながら、一番熱心にトランスにアプローチしてくる人たちです。昔は女と付き合っていたけれど色々な経緯でトランスしか愛せなくなった人、さらに一度も女とおつき合いしたことがなくトランスまっしぐらな方、とにかくトランスしか眼中にない人たちです。
 彼らの心理として確実に言えるのは、多少なりとも自分自身にトランス願望があるということです。「年齢的に自分がするのは厳しいから」という名誉の撤退を決意してトラニーチェイサーに徹している人もいます。トラニーチェイサーとトランスは男と女の関係ですが、人間のタイプとしてはかなり似通っているのです。共に「男が女になる」というファンタジーの周りを回っているのであって、落ち着くポジションが反対なだけです。ちなみに筆者は、「女装娘になるか女装娘好きのオヤジになるか迷って、才能があるので女装した」というすごい発言をされる方に会ったことがあります。言葉通り、まったく女にしか見えないレベルの高い女装者でした。
 こうして眺めてみると、トラニーチェイサーというのは「男と女の間」を追求したりしているのでは決してなく、女のさらに向こう、「女以上の女」を求めていることがわかります。現実の女ではあり得ないレベルまで〈女〉であるような存在、それがファンタジーの中核にあるのです。実際、トランス業界界隈の男性で「男しかダメ」という人はまず見当たりません。そういう人はゲイという別の世界に属しているのです。
 一般の方、とりわけネイティヴの女性は誤解されていることが多いのですが、トランスとトラニーチェイサーの関係は、同性愛の世界とはかなり異質のものです。トランス業界での恋愛モデルは、基本的にヘテロを模したものです。少なくとも自分を「ホモ」として認識している人はほとんど見かけません。同性愛者呼ばわりされると怒り出す人すらいます。「女の中の女」を追求するものが、男性同性愛と等しいわけがないのです。
 ネイティヴの女性がこの辺りを誤解されるのは、「異性の同性愛は美しく見える」という一般的傾向があるためでしょう。自分と同性の側について考えてみればわかりますが、同性愛嫌悪の刷り込みというのは、相当に根の深いものです。異性に関しては「トランスでも同性愛でもどっちでもいいじゃない」と思えても、いざ自分が関わるとなると激しく峻別しようとする防衛が働くのです。トランスには同性愛嫌悪の一変種としての面があるかもしれません。
 また、極めて完成度の高いトランスに関して言えば、そもそも同性愛などという認識が成り立ち得ない場合もあります。ネイティヴ女性であれば、偶然出会った男性と恋に落ち、ある日その人が戸籍上女性であると判明した状況を想像してみて下さい。相手が戸籍上同性であるとわかっても、自分のことを「実はレズビアンだった」とは考えないでしょう。実際、それくらい「見分けのつかない」トランス(この場合はFtM)は掃いて捨てるほどいます。
 ただし、これはトランスのパートナーとなるネイティヴに関してだけ断定できることであり、トランス自身の心の内は、もう少し微妙な場合が多くなります。つまり、「男性としておつき合いしていた相手が戸籍上女性だった」とわかったネイティヴが今さら自分を同性愛者として認識することはあり得ませんが、トランス当事者の側は最初からこの関係の複雑さを了解しているのです。性自認・性対象に関する一通りの知識を持っていて、明白にTS的スタンスをとっていたとしても、依然としてネイティヴとイコールではないですし、何か「欺いている」気持ちは残るはずです。この辺りの微妙な心情については、第四章で詳述します。
 話をトラニーチェイサーに戻しましょう。
 トラニーチェイサーの中には「女嫌い」を公言される方がいらっしゃいます。ネイティヴの女性を受け付けず、トランスだけを対象している場合です。ただしゲイという意味ではなく、あくまでも女、ただしネイティヴではないトランスを好んでいるのです。トラニーチェイサーがトランスに向かって「女嫌い」と言うときは、「ネイティヴではなくトランスなあなたが良いのだ」とポジティヴな意味を含んでいます。しかし、トランスから見るとなかなか複雑な一面があります。
 女装と割り切っている場合はともかく、少なくともTSカルチャーにおいては、MtFは紛れもなく女です。自分を女だと感じている人に向かって「女は嫌いだけどあなたは良い」と言うとしたら、それは「お前は女じゃない」と同じことで、いささか無神経な話です。
 加えて、もしもこの世に「女嫌い」がいるとしたら、果たしてMtFほど暗い心情を抱え得る存在が他にあるでしょうか。大抵のトランスの心には、ネイティヴの女に対する憧れと同時に、羨望とでも言うべき嫌らしい感情があるはずです。もちろん、これはただのやっかみですから、そのまま表出してしまっては、トランス以前に人として問題です。まともなトランスであれば、羨む気持ちを少しはかかえながらも、乗り越え肯定的にものを見ようと努力しています。そんなトランスに対して安全な場所から「女は嫌いだ」などと公言し、その上トランスを口説き落とそうというのですから、少し想像力に乏しいと思われても仕方ないでしょう。
 「女嫌い」を口にするトラニーチェイサーの中には、「トランスは努力しているから好きだ。女は怠けているから嫌い」という人がいます。確かに、少なくないトランスが、ネイティヴの倍ほども「女であること」に身を削っています。
 ですが、まず第一に、ネイティヴの女とはいえ、何もせずに「イイ女」になれるわけではありません。鈍い男たちが気付いていないところで、凄まじい努力をしているものなのです。〈女〉とは作るものです。女自身が無意識に演じてしまうほど深く刷り込まれていることがあるだけで、あくまでも人工的な構築物です。気付かないのは鈍い男性だけです。
 第二に彼らが「怠けている女」を嫌うのは「怠けていながらこんなに自分を魅了してしまう女が憎い」からです。つまり根底にあるのは「女好き」です。彼らを魅了する魅力とは、実は男性自身が勝手に付与したものです。トランスについてなら、自分たちと同じ地位から出発していることから、自分の魅了され方に対し相応の犠牲を払っていると納得できるのです。
 最後に、トランスが「頑張って」いるのは、彼らの「大嫌い」な女になるためです。いささか矛盾を見ないわけにはいきません。
 「女嫌い」を自称したとしても、彼らの求めているものは一貫して「女以上の女」です。あんまり女が好きすぎて普通のネイティヴでは満足できず、〈女〉に向かって特別な「頑張り」をみせるトランスに惹かれているのです。皮肉な言い方をすれば、ネイティヴの必ずしも女らしくないことに耐えられず、徹底して「幻想のオンナノコ」を追求しているのです。
 「幻想のオンナノコ」を求めること自体を否定しようというのではありません。ファンタジー自体は誰でも持っているものであり、女の側としても「幻想のオンナノコ」を積極的に演じる場合があります。両者のバランスが取れているなら、ファンタジーの一つや二つあるのは健全な恋愛です。ですが、相手の立場を踏み倒して思い込んでしまったら、それはファンタジーというよりただの妄想です。その相手が女であろうがトランスであろうが、一方的な押しつけととられて拒絶されるのが当然でしょう。
 もちろん、この妄想をお金を払って職業ニューハーフに実現してもらうなら問題ありません。ニューハーフではなく普通の水商売の女性に貢ぐのでも一緒です。きちんと契約成立しています。貢ぐ心理の中には「仕事なんだろうけど、少しは本気もあるんじゃないか」という夢があるのは当然ですが、その夢に対してお金という形で代償を支払うのは、立派な大人の態度です。逆に言えば、犠牲も払わず妄想を振り回せると思ったら大間違いです。
 また、一見すると「女嫌い」とは反対のタイプに「男とか女とか、細かいことはやめようよ」という方がいます。「寛容な社会」の一助となろうという、なかなか見上げた人たちです。当事者に対してこういった声をかけるのは、気をつかってあげているのかもしれません。世の中がこんな人ばかりだったら、トランスにとっては生き易くなることでしょう。
 ですが、現実は違うのです。理想の社会がどうであれ、とにかく世の中の大勢は「男/女」でできています。卑近な例では、履歴書には丸をつける欄があり、トイレは二種類しかないのが実状です。まったくの些末事ではありますが、とにかく当事者は今日も電車に乗って会社に行くのであって、お題目を唱えて世の中が変わってくれるのを待っている余裕などありません。仮に本人が「男とか女とか決めつけたくない」と考えていたとしても、社会的にはどちらかの性で生きざるを得ません。そして一つに決めたなら、徹底してそれを通さなければ、生活もままならないでしょう。
 そんな現実に向き合わないまま「どうでもいいじゃないか」などと安全圏でリベラルぶっても、説得力に欠けていると言わざるを得ません。「わたしは進歩的精神の持ち主ですよ」という、望まれてもいない報告を一方的に押し付ける結果になっています。
 「どうでもいいじゃないか」派のトラニーチェイサーは、そう言いながらも実は女のことだけを考えているのです。「女好き」でも「女嫌い」でも、断言してしまうとトランスを特別に評価する理由がなくなってしまいます。「女好き」に好かれればトランスは喜ぶでしょうが、女好きが高じてトランス好きに転じているとしたら、ある意味彼女たちの自然な「女ぶり」を否定していることになります。「女嫌い」は尚更です。「どうでもいいじゃないか」とすることで、トランスを「トランスだから」と評価する道筋を立てているわけです。実際、彼らが「純男」を対象とする、つまり通常のゲイとしての関係性を結んだ話など聞いたことがありません。彼らもまた、「女以上の女」を求める一ヴァリアントなのです。
 ただ、こう書いたからといって、トラニーチェイサーのありようを否定しているわけではありません。〈女〉を求めてやまないこと自体が罪のわけはありませんし、人の欲望など一皮剥けば誰でもこの程度です。また重要なことに、トランス自身が「女以上の女」であろうとしている面がありますし、更に言えばトランスとは普通の女であるよりも期せずして「女以上の女」になってしまうものです。わかりやすい戯画的な例えとしては「女以上に女らしい」職業ニューハーフを想起してみれば良いでしょう。仕事上の演出もありますが、人格的にもすっかり刷り込まれているケースがままあります。だとすれば、トラニーチェイサーとトランスはきちんと共存関係にあるわけで、暴走さえしなければ経済が成り立っています。
 ただ、「女以上の女」とそれを求める男、という図式が実はどこまでも「男の世界」であることは忘れるべきではありません。これは重要な論点を含んでおり、〈女〉を巡ってで詳述しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする