8 陰嚢皮膚移植

SRS第一段階8日後 本テクストのカテゴリ「SRS記録」については、「SRS記録について」を御一読ください。 朝から点滴開始。他の患者さんの手術状況次第で空振りになるかもしれないけれど、とりあえず絶食で皮膚移植に備える。
 この手術が一番大変だった、という話を色々聞いたので、結構緊張する。しかもわたしは足りない皮膚を取らないといけないし、喉の手術も一緒にする。
 コーディネータのYさんが例によっておしゃべりに付き合ってくれる。ナーバスになっているのを気遣ってくれたのだと思う。感謝。
 11時すぎ、手術決定。寝台に乗せられて運ばれる。
 手術室のあるフロアで、もう一人の日本人と寝台同士ですれ違う。寝台を押してくれていた男性が「Your friend?」と知らせてくれた。「頑張って」「おつかれさま」。ってなんか変(笑)。
 彼女は皮膚を取る必要もないし、皮膚移植のみなので局部麻酔だったのだろう。ちゃんと意識があった。
 手術室に入る。
 結構長い時間待つ。横で作業していて、おそらく皮膚移植のための保存してあった陰嚢皮膚から毛根を除去しているのだと思うのだけれど、メガネがないので何も見えない。見えても正直あんまり見たくない。実は苦手。
 エピデゥラル・カテーテルから麻酔注入。点滴の麻酔も合わせて意識が朦朧としてくる。
 でも結局全身麻酔に決まったらしく、鼻にチューブを入れられて意識を失う。
 目が醒めたのだけれど、どうもこの時にいた場所の記憶が曖昧。
 朦朧としたまま病室に戻る。
 しばらくして麻酔が切れてくるが、思ったほどは痛くない。
 患部は今までと同様。やはり喉の方が痛い。
 気管挿管の関係もあるだろうけれど、唾を飲み込んだりするとズキンとくる。とはいえ、この時点では大した痛みではない。大体、翌日くらいが一番痛くなるので、一応覚悟。
 今日から三日間は絶対床上安静。一番重要なところなので、大人しくしないといけない。
 ちょっとものを取ってもらうにもナースに頼らなければならず、やっぱり不便。
追記:
 この時点では朦朧としてわかっていなかったのですが、結局ソケイ部だけの皮膚で足りたそうで、脇腹は切らずに済みました。また全身麻酔ではなく、局部麻酔プラス強力催眠剤だった模様。まったく記憶はないですが・・。
PR : 女性ホルモン・男性ホルモン・プレマリン・プロベラ・エストロフェム・ダイアン35オーエムエス:良心的価格でホルモン剤個人輸入代行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする