写真公開するトランスサイト

 続けてトランスネタですが、わたしがこのサイトで顔出ししまくっている理由についてメモしておきます。

 今や「トランスサイト」と言えるのかも謎のこのブログですが、一応「なれの果て」を標榜しているので、ここから切ってみます。ちなみに「トランスサイト」とは、広義のトランスが運営しているウェブサイトの意で、トランスについてはこちらなどを参照して下さい(間違っても鵜呑みにしないように)。
 広義のトランス系サイトで、顔出ししているのは主に女装系の方々です。日常生活は男性として送られていて、サイトで弾ける、というパターンです。
 逆にTS/TG系の方でかつフルタイムしている場合、顔出ししてもメリットがないばかりか、時にせっかく隠していた戸籍上の性別をバラしてしまうことになりますから、あまり写真は公開されません。
 もちろん例外はあるので一概に言えませんが、大雑把な傾向としては間違っていないでしょう。
 このサイトで顔出ししている理由の一つは、元を辿れば女装系だったからです。正確には、女としての生活など全然できていなかった時から綿々と運営しているからです。ものすごい久々に訪れて下さった方は「イシクラもずいぶん変わったのう」と思っているかもしれません。
 もう一つの理由は、ただ単に目立ちたいからです。丸っきりの男として暮らしていた時は、正直女としての生活を手に入れたい一心だったりもしましたが(恥ずかしい過去)、フルタイム達成、さらに戸籍上の性別も隠し通す技術を手にすると、実はこんなものはちっともかっこよくないことがわかります。前にも書いた通り、「女」を基準にすればトランスなどただの欠陥品であって、百歩譲って欠陥がないとしても、「ただの女」ならその辺にいくらでもいるのです。
 もちろん、目立たず真面目に市井の人間として生きていくことも大切です。そういう人は沢山いらっしゃいますし、わたしも「普通の女」として生きたい願望はあります。また当然ながら、「トランスであること」以外で評価を勝ち取ることが最優先です。でもどんなに頑張っても「普通」になり切れないなら、開き直った方が得じゃないのか、という気持ちもあるのです。
 これは別に「トランスだから」ということではないかもしれません。極平凡な女(あるいは男)に生まれていたとしても、わたしという人間は目立ちたがり屋なのです。きっと何の取り柄もないくせにネトア気取りのサイトなどやっていたことでしょう。
 こんなことを書いているのは、最近気に入っているサイトが顔出ししない、もしくは顔出しに比較的消極的な人ばかりになってきたからです。「もう写真は出さないことにしようかなぁ」と思ったこともあるのですが、やっぱりわたしは顔出しし続けます。
 だって目立ちたいから。ていうか、モテたいから。
PR:大手ポータルサイト運営で安心!【エキサイト恋愛・結婚】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする