H系出会いの掲示板で待ち合わせしてみる

 というわけで、神の声にしたがって更にエロサイト探究です。ここに書くのがはばかられるような怪し気なサイトをぐるぐる回ってみました。
 およそ健全からは程遠い「待ち合わせ」のための掲示板があったので、試しに書き込んでみます。しばらくしてチェックすると、いくつかレスがついています。候補になっている場所は、休日のオフィスビルやネカフェ。すごい「待ち合わせ」です。
 どう考えてもほどんどの女子利用者がからかっているだけなのに、健気なまでに切実な書き込みが並んでいます。ここでやめたらただの冷やかしです。このイシクラ、タマは捨てても戸籍は漢、殿方の夢を裏切るような真似はいたしません。行ってきましたよ、休日に新宿まで。

 久しぶりにネットカフェに入ったのですが、かなりアタリでした。世の中進歩しております。「マンガ喫茶」といった理解しかなかったのですが、シャワールームにダーツ、ネイルアートまであって、至れりつくせりじゃないですか。結局そこそこ長居したのですが、1000円ちょっとで済みました。ものすごいリーズナブルな娯楽です。このネカフェを教えて貰えただけでも収穫アリです。
 ネカフェのマシンから再度アクセス、服装も場所も公開してみます。イイ感じのレスをくれていた男の子一人にメルしてみると、船橋から来るとの返事。
 本気ですか。
 こっちはデラックス空間で本読み放題だから構いませんが、わたしのカキコが全部ウソだったらどうする気なんですか。てか、常識で考えて、明らかにその可能性の方がずっと大きいですよ。
 まぁ、行動のアホさ加減では人のことを言えないのですが。
 ちなみに個室の中はこんな感じ。
04-07-18_14-54.jpg 04-07-18_14-51.jpg
 ……確かになんかエロいです。
 普通に撮った写メなのに、この覗き部屋っぽいトーンは何なのでしょう。
 でも居心地は実に快適です。穴ぐらっぽい感じが良いのでしょう。どうぶつ気分です。関係ないですが、昔一時期押し入れで寝ていた時があって、アレも相当落ち着きます。
 とりあえず昨日複写した資料を読み始めました。個室の椅子はふかふかだし、DVD流しっぱなしだし、天国のようです。
 一時間余りが経過、ちょっと眠くなってきた頃に件の青年から到着メール着信。入り口まで行って見ると、お世辞にも「モテそう」とは言えないものの、極平凡で善良そうな三十代男性が。
 ホントに来ましたよ。
 状況のバカバカしさに倒れそうです。
 そんなわたしのリアクションに、「え、やっぱりだめ? 思ったのと違う……よねぇ……」と、謙虚というか、的外れ極まりないオドオドした様子。ネカフェでは話もできないので、近くの喫茶店に移動してひとしきりお喋りしてきました。
 ラヴな女の子が韓国で仕事しているそうなのですが、飼っているインコがワシントン条約の関係で日本に連れ帰れず、帰国を迷っているらしいです。インコに引き裂かれる恋愛というのもなかなか微妙です。
 本当に単なる「イイ人」で、前に最寄り駅でナンパしてきた超チャレンジャーなオジサンなどと比べるとまるで面白味はありませんが、良いネタも貰ってネカフェも満喫、かなり癒されました。
 ネットナンパもそこそこ面白いです。出逢い系ヲタさんの向こうでもはって、しばらくライフワークにしてみましょうか。
 出がけに電話したお友達からは「気をつけてね」と言われたのですが、全然危なくありません。低能ネイティヴ女や一部ホモ野郎から日頃受けている蓄積ダメージに比べれば、万が一多少の「危険」があっても、ストレスにすら感じず切り抜けられる自信があります。
 それにしても、こういう「戸籍上の性別を知られてはいけない」状況はオトリ捜査中の麻薬取締官みたいでちょっとワクワクします。緊張してもよさそうなものなのですが、「自分のことを知らない」人間関係というのは、やっぱりお気楽で楽しいものです。
PR:運命の出会い探し始めませんか?
PR:大手ポータルサイト運営で安心!【エキサイト恋愛・結婚】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする