脚線美って何でしたっけ

 足なんて滅多に見せるものでもないので一番要らないピンクのペディキュアを塗りっぱなしにしていたのですが、季節的にお気に入りのもので塗り直してみました。
04-06-20_00-44.jpg
 で、こんな画像を撮ってみて、ふと思いました。

 かなり生活感が滲み出ていると思うのですが、コレって色っぽかったりするのでしょうか。
 何の他意もなく、純粋にそういうことがわからなくなっていて、知りたいのです。
 自分で見ていますと、小さい靴にムギュゥッとしているせいで、なかなかに悲惨な足状態です。というか、やっぱり脚線美というものは、エロめのストッキングとヒールがあってこそじゃないでしょうか。
 だってさぁ、これただの脚ですよ。
 それを言ったら男のヒトが女の身体に欲情するのもよくわからないのですが、わからないなりに何か感じるのが正常だった気がします。
 あぁ、ヤバいです。
 お色気とか美しさとかいったことが本当に感覚できなくなっています。
 漢字をじっと見ていると意味がわからなくなるのと似ています。
 ずっと考えていると、「別にパジャマで会社行ってもいいんじゃないか」とかなってきそうで、恐ろしいです。
Amazon:『究極の脚線美』 DVD ¥2,344

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする