高井戸倶楽部@下高井戸に散る

 予告通りALABAMA CROSSOVERのライブに遊びに行ってきました。予想はしつつもちょっとだけ期待していたのですが、フタを開けてみればやっぱり一人でございました。ううっ。
 でもいいです。また狩野さんといっぱい喋れたし、お料理も美味しかったし(スペシャルサラダ最高)、広々倉庫っぽいお店はてイイ感じで、しかも店員さんが妙に威勢がいいし、何よりライブが素晴らしかったです。
 始まりはちょっと大人しめでしたが、前半ラストのオリジナルでかなりハジけていました。「次はもっと激しくやりますよ」との狩野さんのお言葉通り、後半は暴れまくり、さらに飛び入りゲストもあり。そしてラストが本当に本当にかっこよかったです! ギブしてるのにさらに関節二ケ所くらいへし折る勢いの「これでもかっっ」な長く激しすぎるドラムソロ。狩野さん、狙ってたでしょう? あれはやりすぎでしょう? ちょっと抑えていたものが弾けぎみだったでしょう?
 えーと、あの曲、多分有名だと思うんですけど、曲目が思い出せません。アルツなので、その場にいた方、よろしければ教えて下さい。てか、曲名とかほとんど覚えられない人です。とにかく音楽関係ではいつも全然言葉が出てきません。このエントリも子供みたいな文章ですいません。
040818_2108~001.jpg
 いやぁ、それにしても狩野さんは何度見てもかっこいいです。話すと真人間なのにタイコ叩いてる時の首の搖れ具合が動物っぽく激しいし、日本人離れした顔つきなのにあまり自覚していなくて微妙に非オシャレだし、難民ライクだし、カレー好きだし、素晴らしいです。彼女さんお手製の名前入りTシャツもとてもお似合いでした。
 ……ベースの高井さんは独り身らしいから、乗り換えましょうか。
 ちなみに高井さんも笑顔が素敵、というかちょっと笑顔すぎる感じが気になります。いつもそういう人の妙なポイントが気になって仕方がありません。あんなに笑顔な人は、密かにものすごい微妙なツボがあって、例えば部屋のガンプラにちょっと触った途端に烈火のごとく怒り出したりとか、そういう設定がありそうで妄想が膨らみます。いや、多分そんな設定はないんですけど……。
 当日もピアノの板垣さんについて「姿勢が良すぎる」と漏らしたところ、狩野さんに「目のつけどころがおかしい」と言われてしまいました。尾崎さんはですね、普通にカッコよすぎてどうもツッコミ所がわかりません。でもカツゼツが悪くてMCが全然聞き取れません。
 思えば狩野さん関係だけでずいぶんエントリ立てています。
「遂に狩野丈二さんとお話する@新宿駅南口」
「いつか見た楽園」
「狩野丈二さん情報」
「新宿駅南口のストリートミュージシャン」
狩野さん関係サイト:
 web ALABAMA CROSSOVERトップがリニュ中らしいので、サックスの尾崎さんのサイトから入ってみて下さい。
ozaki&jazz
狩野さんサイト
 別の狩野さん参加ユニットi-depのブログができていました。狩野さんが結構書いてる〜!! 即サイドリンクに追加!
good water from i-dep
 実は今日(正確には昨日)脈絡もなくGavin Bryarsのことを話題にしたところ、「ブログに書こうと思っていた」と言われたのです。帰宅してみると本当に載っています。シンクロニシティです。運命です。
 でも自分のこと「ジョージ」って書いてます。「ジョージ」です。本当にそうなんですけど、わたしの中ではgeorgeってよりjoujiです(毎度すいません)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする