痛い日記

 以前にお世話になった方のお宅を訪問しました。素晴らしい環境にマンションを購入されたとのことで、「家自慢」されに行ったのです。
 「豊かな自然? 静かな環境? ケッ!」というヒネクレ者なのですが、その場にやって来ると本当に緑豊かで、驚くくらい気持ちがリラックスしました。確かに自慢できるお宅です。参りました。ルーフバルコニーで惚けたように一時間くらい突っ立っていました。
 逆に、今までどれだけ自分が追い詰められていたか、よく自覚できました。家主どのにも「最初はボソボソ喋ってるし、大丈夫かと思いましたよ」と指摘された通り、ちょっと危機的にピリピリしていたようです。攻撃的で邪悪なことばかり思い付いてしまい、困憊はしていたのです。
 自分の興味のあることを久々に素直に話せた、というのも大きいでしょう。ちょっと状況を変える必要があるかなぁ、と思いました。
 考えてみると、京都にいたときはのんびり過ごしていました。なんだかんだで、素直にお喋りできるお友達にも恵まれていたと思います。今だって敵ばかりなどでは全然ないのでしょうが、余裕がなくなっています。
 帰り際に「自殺しそうになったら、その前に一度電話してください」と言われてしまいました。シャレになりません。多分自殺はしないと思うのですが、発作的にとんでもない行動を取ってしまいそうで恐ろしいです。
 ちなみに、「癒され後」のツラです。こうしてみると確かにヤバめです。
04-05-08_20-16.jpg
 せめて週末を植物園ででも過ごしてみましょうか。
 半端じゃなくストレートに吐き出していてしまい、すいません。ヤケです。自分のためだけに世界発信です。
 「痛い日記」でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする