多分、この錯覚を求めて

 イヤなことを書くかれど、わたしにとって恋愛とは、かなり「ネタ」だ。
 なんというか、きゃぁきゃぁ言うのは好きだし、人一倍気軽にそういうことを喋るけれど、基本的に常に第三者のような気がする。
 別に悲劇ぶっているわけではなく、この感じを楽しんでいるところもある。妙に冷めている。
 似た立場の方と意見が合ってしまったのだけれど、普通の「恋愛」の風景を見ていると、正直滑稽に思えてしまうことが多い。
 全然嫉妬してない。むしろ素朴に「いいね」「かわいいね」と思うのだけれど、ちょっとおかしい。ヤなヤツだねぇ。
 まぁもちろんフツーに「恋愛したいなぁ」という気持ちもあるのだけれど、自分へのツッコミの方が先に来るというか。
 別のものですり替えてしまったり、そもそも恋愛こそ何かをすり替えたものちゃう?と思えてならなかったり。
 いや、すり替えで結構なのよ。
 人生、自分を騙せてナンボやからね。
 だから騙せないのはつまらないし、騙せてるうちは覚めちゃだめだと思う。
 多分、恋愛に一番近いのは、手の届かなくなった過去だ。
 道を歩いていると、時々時間の中を泳いでいる気分になる。
 目の前にあるものがすべて遠く、失われたものであるように。
 少し寂しいけれど、その風景はとても懐かしく、美しい。
 既に死んだ人間が、虚空から地上を眺め、人間たちに末永く幸あることを願うように。
 恋愛が人をdriveするとき、本当のエンジンは過去にある。
 かつてわたしであったけれど、今はわたしではなくなってしまった「本当」を求めるからこそ、きっとみんなあれだけ恋愛に熱が入るのだろう。
 もちろん、人は人であって、過去ではない。
 だから、こうして風景を眺めるような生き方というのは、ずるいけれども、永遠に覚めない夢を生きているようにも思える。
 これは宿命だろうか?
 多分、違う。そんな劇的なものじゃない。
 三分の一くらいが甘え、三分の一くらいが焦り。
 残りの三分の一くらいが神様の気まぐれだろう。
 古い友人の男の子から届いたディスクを聞いていて、そんなことを考えた。
 元気かな、カレ。
 もちろん、わたしは彼に恋していたことなんてないし、これからもない。わたしにとって以上に、彼にとってあり得ない。
 でも存在すらしなかった過去のある時には、永遠に不可能な恋愛があったようにも見える。
 多分、この錯覚を求めて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする