『ザ・シムズ2』トランスジェンダーを認容

 wired newsより。 『ザ・シムズ2』は、シーツの中で行なわれる事(…)と、遺伝子が子孫に引き継がれ、両親と外見や性格の似た子供が生まれてくるところを細かく再現していて、前作よりも進んでいる。(…)
 シムはストレートにもゲイにもなれるし、さらにバイセクシャルやトランスジェンダー[性同一性障害者で、解剖学上の性とは逆の性での社会生活を営むが外科的手術までは行わない人]にもなれる。どの性別のシムとも同棲やムフフな事ができるし、親になることもできる――異性のカップルならDNAを引き継ぎ、同性のカップルなら養子縁組という手段を取る。ゲイのシムは、拡張パックやアドオンに限られるような特別な存在じゃなく、単にゲームの一部として扱われている。 なんだか「狭義のトランスジェンダー」みたいですけど、TSは含まれないのですかね。性別が変更できたり生殖能力がなくなったりすると、設定的にわけがわからなくなりすぎるのかもしれません。やっぱりSRSと子なしが条件なのでしょうか(笑)。
『ザ・シムズ2』 エレクトロニック・アーツ CD-ROM 8,379円
○用語
TS:トランスセクシュアル。望む性別への恒久的同一化を求め、多くの場合でホルモン治療・外科手術などを必要とする。
狭義のトランスジェンダー:トランスセクシュアルとトランスヴェスタイト(異性装や恒久的な移行ではなく一時的な役割交換を求めるケース)の中間状態を指す。
SRS:性別再適合手術、いわゆる性転換。
2004年7月16日性同一性障害特例法により、「生殖能力を失っている」「子がない」などを条件に戸籍の性別変更に道が開かれた。「子なし」が条件に入ることや、SRS前でも長期ホルモン投与では事実上生殖能力が失われるにも関わらずSRSを前提とすることから、賛否両論ある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする